五輪

久しぶりに朝更新してみます。普段は夕方あたりの作業の隙間で書いていましたが、ちょっとネガティブニュースが多いので、頭が冴えてる午前が最適です。

私は、一日の生活習慣の中で1時間強くらいテレビのニュースを見る時間があります。その内訳の8割くらいはコロナウィルス、もしくはそれに関連した五輪のことです。別に選んでコロナウィルスのニュースを見ているわけではないのですが、チャンネルをザッピングしても結局内容は同じなのです。

今回は、その五輪に関してちょっと書いてみたいと思います。注目すべきは通常開催するのか延期するのかという点についてです。

五輪開催まであと5か月を切っている中、開催国やIOCがどれだけ予定通り開催することを強調しても、各国の事情というものは別にあるものです。先日、総理が「完全な形で開催することで一致しました」とG7首脳との電話会談結果を国民に発表していました。

「完全な形」という表現は捉え方が難しいですね。現在通常通りの開催を進めているわけですから、日程等の変更がない形をそれと捉えているのかもしれません。

個人的には一年延期して、予定通り全ての国が参加できる形が「完全な形」かなと考えています。全競技のうち、約半分の出場選手が決まっていない現状もありますし、その選考競技がなかなか開催できない点も大きな問題点です。

いっそのこと、今から一週間以内に五輪開催を一年延期しますと発表した場合はどうなるでしょうか。

まだ開催まで期間がある分、ホテルや飛行機のキャンセルが比較的円滑です。大事なことは「決定後に時間を用意すること」だと私は思いますので、突発的に大量キャンセルの恐れがあるまま迎えるインバウンド事業の方々には妥協点とならないでしょうか。

当然、キャンセルせずに全て予定通り行われることが、経済的には好ましいとは思います。コロナウィルス騒動が落ち着いて、全競技の準備も間に合って、「なんとかなったね!」と大団円で五輪の閉会式を迎えることができれば最高です。非常に可能性の低い展開となりつつありますが。

そうなると気になるのは他国の対応です。日本単体での決定のみで開催出来るものではない為、他国大勢を味方につけた対応ができるようであれば現在進行形なのも頷けます。現在進行形ならば他国首脳陣との歩調が乱れないかが一番の鍵のはずです。

病気で圧迫なのか、経済で圧迫なのか。両方とも大きな問題だと考えます。どう選んでも立場によって反対意見はそれなりにある現状です。

私としては今月中には半年~一年延期することで、逆に伸びた五輪特需を拡大するという展開がよいのではないかと思うのですが。開催が延期することでダメージは計り知れないほど大きいですが、攻めの姿勢を取れる部分もあるはずです。

■一つは野球やサッカーといった五輪中断期間を設けていた日本のプロリーグが、比較的正常な日程で運営できること。

■次に五輪という拡販の目玉が一年延期されることで、少し落ち着いてきたらインバウンド需要が活発化する可能性があること。

今回、コロナウィルスによる売り上げ低下を証明できる中小企業に対して国が助成金を出しています。当然ですが、これらは税金です。赤字大国日本が復調する為の象徴はやはり必要だと思いますから、「段取りを組む」という点でも延期した五輪に向かって頑張るというのが良いと思うのですが。

パンデミックというより、日本がキャパオーバーしているような気がします。国難を乗り切る為に一番大事なのは、乗り切る為のプランを国民で共有することだと私は思います。

RESTAR’s logは下記のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

    
Author:WEB管理者 

 

WEBサイト制作の現場でWEBディレクター、WEBデザイナー、コピーライターとして主に活動してきました。

マラソン代表内定

東京マラソンの大迫選手に続き、一山選手も素晴らしい走りをして東京五輪出場枠の座を勝ち取りました。最近のどんよりとしたニュースの中で、久しぶりにキラリと光った明るい話題だったと思います。

厚底シューズという新武器はあれど、17年振りに日本記録を更新したというのは非常に素晴らしいですね。大迫選手の記録は世界歴代のマラソン記録の中で84位(3/9現在)ですが、一山選手の記録は43位(3/9現在)となっています。女子の場合はちょっと特殊な事情がありまして、「女子のみで走る」場合と「男子と共に走る」場合でタイムが違うのです。後者の方が早いタイムが出ることが多いので、野口みずきさんがベルリンで出した2時間19分12秒(3/9現在で歴代17位)の記録を抜くことも考えられます。

心のインフラ

色んなものが自粛される中、東京マラソン等の開催については様々な意見があったようです。一般参加を中止にはしたものの、東京マラソンでは沿道に9万人かけつけたとか。自粛の中なにをやってるんだとお怒りの声もあるのはわかるのですが、あまりに自粛ムードばかりになると逆に行きたくなるのかもしれません。

スポーツには心を豊かにする心のインフラとしての役割があるのだと思います。NPBの開幕延期、Jリーグの再開の再延期が決まりそうな中、やはり必要なのだと再認識しました。※NPBは開幕延期を発表しました。

感染症に対してのニュース

それにしてもコロナウィルスによる騒動は長いですね。まだまだ終わりが見えないのがつらいところです。ブログの更新に関してもコロナウィルス関連ばかりにならないようにと考えていますが、ニュースを見ると話題がこればかりでして。最近はコロナウィルス関連のニュースがあっているとチャンネルを変えるなりしています。この内容をずっと聞くのがアレルギー気味なのかもしれません。

ちょっとだけ話が変わりますが、先日、電車内で咳が止まらない方がいらっしゃいました。満員電車の中、3~4割の方が咳をしている人を見たり、ちょっと横に離れていこうとしたりしていたのを私は見たのですが、なんだかとても寂しい気持ちでした。離れていく人を非難する気もありませんし、予防の観点からすれば正しい行為かもしれません。ただ、そんな今がとても悲しいと思う次第です。

RESTAR’s logは下記のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

    
Author:WEB管理者 

 

WEBサイト制作の現場でWEBディレクター、WEBデザイナー、コピーライターとして主に活動してきました。

3月になりました

あっという間に今年も3月に突入した感覚です。

世界的にも『点』であった新型肺炎が、徐々に『面』になってきています。あまりにこの話題がニュースでもこのブログでも続きすぎるとは思うのですが、それが精神を蝕んでいるということなのでしょう。この話題が続きすぎるのもあんまりかと思い、少し日を空けてみました。しかし、まだまだ落ち着く気配はありませんね。

消耗品がお店にない

かなり困っています。ニュースでは「紙類などの消耗品が枯渇するというデマによって買い占められた」とありましたけど、それはかなりズレていると個人的に思います。

大多数の人は「無いから買う」のです。買い占められて無くなったら困るから、早めに・もしくは多めに買うのです。スタートはそういった枯渇への不安だったかもしれませんが、現在並んでいる人はそんな感じだと思います。

私は花粉症持ちなのですが、本当にマスクとティッシュは困っています。朝開店前に並びもしましたが買えませんでした。唯一購入できたウェットティッシュでやり過ごします。

各種スポーツの自粛

サッカー、野球、相撲等、色んなスポーツが延期したり無観客で試合をしたりしています。しかし、これらも限度はありますから、現在発表されている期間以上の延期等は現実的ではないでしょう。それこそ経営規模の小さいクラブチームは存続の危機を迎えます。年間計算では成立するとしても、日銭が足りない事態というのはあるわけですし。

日曜は東京マラソンが行われました。開催されたことに関しての意見がある方は多々おられるようですし、沿道に応援にかけつけた方に対しての意見もあるとは思います。しかし、選手の気迫の走りは実にまぶしかったです。自粛ムードを吹き飛ばすようなメンタルのインフラだったんだと、個人的には感じています。

ONE TEAM

去年も災害で凄く大変な一年だったわけで、そんな中にラグビーが活躍して『ONE TEAM』で日本が一つになったと思うのです。「五輪は絶対延期させない、日本でやる」という関係者の強い意志のようなものを感じますが、それはそれでいいのかもしれません。ここは賛否ありそうですけどね。

RESTAR’s logは下記のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

    
Author:WEB管理者 

 

WEBサイト制作の現場でWEBディレクター、WEBデザイナー、コピーライターとして主に活動してきました。

コロナウィルスの現在3

ついに福岡でも発覚しましたコロナウィルス。

そもそもとして、福岡に限らず感染者は把握している以外にも大量に国内にいるのだと私は思っています。だから最近は感染者数に関してテレビ等で発表されていてもあまり気にならなくなりました。一応、現在の発表は中国で現在7万人台の感染者、日本で94人(ダイヤモンドプリンセスを除く)だそうです。

私が感じる違和感は『感染者』という表記にあるような気がしています。『感染者』というより、『感染を把握している数』なはずです。

例えば中国では2週間隔離されて経過観察された方が、隔離解除の6日後に発症しています。潜伏期間がこれだけ長いケースもあるわけで、12月~1月に日本にやってきた感染源近くに住む方がどれだけいるかという話になると思うのです。完全に把握するというのは、逆に無理な話ではないでしょうか。

このブログでも過去2回取り上げましたが、『濃厚接触』という言葉の受け取り方がやはり難しいですね。毎日の満員電車はおそらくアウトでしょうし、コンビニのお釣りの受け渡しも『濃厚接触』にあたりそうです。

つまり、現在すでに国内に一定数広まっているとすれば、ここから拡大を防ぐのは無理と思われます。本当に現在把握している人数のみが感染者なのであれば杞憂に終わりますし、その方が良いのですが。

なお、昨日は七隈線で『マスクをしていないまま咳をしている』という理由で地下鉄の停車ボタンを押したお客さんがいたようです。いたるところでニュースになっていました。これは国民が『見えないウィルス』に過敏になっていることを如実に表した出来事だと思います。

本日からJリーグが開幕しますが、こういったウィルスのせいで楽しみにしていた方々が自粛を求められたりしないか心配です。さらに長引けば五輪にも影響が出るかもしれません。早めに収束してくれればいいのですが、収束する兆しはまだ見えません。

現在の状況はこちら

予防でマスクと手洗いといいますが、「仮に自分が感染していた」と仮定した場合の感染拡大予防として、毎日体温計で体温を測ると良いかもしれませんね。微熱程度なら頑張って仕事に行く方が日本には多いと思いますが、そこを思いとどまって病院に行って調べてもらうことで、感染拡大は若干減るかもしれません。

RESTAR’s logは下記のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

    
Author:WEB管理者 

 

WEBサイト制作の現場でWEBディレクター、WEBデザイナー、コピーライターとして主に活動してきました。

起きて半畳寝て一畳

福岡ではそこまでないかなと思っていましたが、色々と新しい試みが行われているようです。

中洲の方に昨年夏にオープンしましたホテル「ザ・ライブリー」ですが、なんとホテルの中に別ブランドのカプセルホテルを運営しているというのです。

その名も「ザ・ミレニアルズ」3Fは共用スペースとカプセルホテルとなっていて、4F~10Fが通常のホテルとのことです。 宿泊のスタイルも多様化している今、一つの建物でカプセルホテルから家族連れまで広くカバーしているのは、実に現代的だと思います。

最新のホテルらしく、ルームキー代わりにiPodを渡されるとのことです。タッチパネルだとカチカチしない為、他の利用者の迷惑にならないというのが理由だそうです。考えられていますね。

目覚ましをセットすると、まずじんわりと明かりが点灯し、次にベッドがゆっくりと起き上がります。IoTの活用法として素晴らしいなと思う次第です。

「起きて半畳寝て一畳」

東京では、部屋の広さが三畳しかない1ルームマンションが人気だそうです。家に帰るのは寝るだけとか、食事は家ではしないといった方には良さそうですね。その分家賃はかなり抑えられます。収納が極端に少ないので、逆にきっぱりと物を買わない生活が出来るというのも良いのかもしれません。

私も20代前半の頃であれば、こういった生活の仕方もアリだったのかもしれないと思います。立地と家賃重視。それこそ「住めば都」

部屋に対して『寝る場所』以上のものを求めず、それ以外は部屋外で行うという形でしょうね。例えば学生が住む場合、勉強は学校・図書館・ファミレスなどで行い、自宅では勉強しないという習慣になるはずです。確かにそれで問題ないような気がします。

価値観の多様性だと思いますし、部屋が三畳から六畳になることで家賃が2万~3万上がることのどちらを取るかという選択肢ですよね。私だったら後者を取るんですけど、現代ではお金を持っているかどうかではなく、価値観で前者を選ぶ人も多数いるということです。

私は多少都心から離れてでも広い家が好きですけどね。

RESTAR’s logは下記のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

    
Author:WEB管理者 

 

WEBサイト制作の現場でWEBディレクター、WEBデザイナー、コピーライターとして主に活動してきました。
現在はドラクエウォークでダイエット中です。

コロナウィルスの現在2

1/23に書きましたコロナウィルスの現在の続きとなります。

案の定、爆発的に拡大しているコロナウィルスですが、中国の国家衛生健康委員会が本日発表した数字で、死者361人・感染者が中国国内のみで1万7205人になったと報道がありました。すでにSARS以上の被害を出しています。

しかし、twitterやyoutubeといったWEB媒体から漏れて見えているのは、この数字の5倍以上に及んでいるかもしれない映像です。中国のインターネットは検閲が入るというのに、それをすり抜けた上で大量に溢れてきています。先日の上海対中国の構図に近いものがあるかもしれません。

こういった情報の錯綜は時代を感じます。一個人が発信者となれる現代では、全て取り締まるというのはそうとう難しいことでしょう。

なお、この件については朗報も聞こえてきました。抗HIV剤と抗インフルエンザ剤を併用することでコロナウィルスが消えたという報告が上がっています。本日臨床試験が開始されたということです。

詳しくは凄い勢いでwikipediaが更新されているので、現状を詳しく知りたい方はそちらで確認することをおすすめします。

予防する為のマスク使用に関して

耳にかける紐が出ている方が外側ってご存知ですか?私はつい最近まで知りませんでした。「紐のつなぎ目が外側にあることで、皮膚との接着面に隙間が生じにくく、こすれも起きにくい」とのことです。

言われてみればたしかにそうなのです。しかし人間の習性なのか、外側が平らな方が見栄えが良いような感覚から、内側に紐のつなぎ目がある状態で使用していました。

内側が平らになったことで、マスクによるシャットアウト感は強くなった気がします。

日本では…

2/3 16:26時点で日本における感染者数は20人です。中国とは桁が3つも違いますが、それでも世界で2番目に多い感染者数となっています。一番の予防は体調を整えることと手洗いとマスクの着用です。

過敏に反応する必要はないのかもしれませんが、規則正しい生活を送ることと、不特定多数が集まる場所ではマスクを着用するということは、しばらく徹底した方が良さそうです。

RESTAR’s logは下記のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

    
Author:WEB管理者 

 

WEBサイト制作の現場でWEBディレクター、WEBデザイナー、コピーライターとして主に活動してきました。
現在はドラクエウォークでダイエット中です。

WEB配信時代へ

近年、映像配信は進化しています。動画配信が主流となり、tiktokのような派生アプリも目立ってきました。

映像美に関しても当然進化していますが、使用感が大きく変わっていますね。

「見逃したらもう見れない → 録画 → 予約録画で前もって録画を予約 → タイムシフト機能等で振り返り → WEB配信でいつでもOK」

使用デバイスに関しても、今やスマホで動画を見るということが当たり前です。ブラウン管テレビの頃からすれば、それはもう大きな進化と言ってよいでしょう。

WEB上にあるコンテンツを見る

私が最近見たインスタグラムの画像で一番衝撃だったのはKABA.ちゃんのアフター画像でした。美容整形の進歩って本当に凄いですね。

こういった衝撃的なものってWEB上で見かけることが多く、TV番組の情報バラエティでは裏方がネットサーフィンをしながらおもしろ動画や画像を探すというような関係性になっています。テレビが面白い番組を作るのではなく、ネット上にある面白いものや特筆すべきものをテレビで紹介するということです。視聴者からの投稿で成立している番組すらあります。

春にはあの「東京ラブストーリー」がリメイクでPrime Videoなどで配信されるそうです。時代背景が全然違いますし、ドラマに思い入れのある人が多いということから配信ドラマにしたんでしょうか。現時点では俳優を変えてリメイクをすることに抵抗があるという人も、配信ドラマならば意外と見たくなるのかもしれません。いつでも見れるというのが肝ですね。

おそらく、メディア媒体に多様性がある形が継続されつつ、『収益性TOPはTV』という形が続いていくのでしょうね。

ただし、コア度はWEBの方がありますから、ヒットはWEBから生まれるというのが定説化していくのかもしれません。 情報バラエティのTOPニュースがWEB動画であっても、もはや普通に感じるようになりましたし。

『異常気象の決定的瞬間』の映像って、今はほとんどスマホ動画です。画質も綺麗になって、ある程度は大画面に耐えうるようになりました。

今後はスマートテレビを使用して、55インチ~65インチでWEB配信動画を見るというのがもっと主流になりそうな予感です。Amazon Primeとドコモの1年間無料提携はその一歩目なのかもしれません。

RESTAR’s logは下記のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

    
Author:WEB管理者 

 

WEBサイト制作の現場でWEBディレクター、WEBデザイナー、コピーライターとして主に活動してきました。
現在はドラクエウォークでダイエット中です。

新型コロナウィルスの現在

中国武漢市にて新型肺炎を引き起こすウィルス『コロナウィルス』が猛威をふるっています。昨日のニュースで死者9人、感染者440人超えと報道が出ていた為、現在はさらに増えていると予想されます。※調べていると、5時間前の発表で死者17人、感染者500人超えと更新されていました。

中国では武漢市を封鎖し、公共交通機関も一時閉鎖されたそうです。これはある意味、中国の凄さを見た気がします。武漢市は1100万人都市です。東京都の推計人口が1300万人~1400万人ですので、それを封鎖するようなものです。暴動が起きても不思議ではないはず。なお、日本発武漢行の飛行機はANAが毎日1往復する便を出していましたが、本日より欠航とのことです。

ちなみに武漢市は上記の赤く囲んでいるところです。

色々と手探りに近い状況で調べているでしょうから、出てくる情報がまだ断片的です。

「ヒトからヒトへの感染が確認された」と聞くと、それだけで色々妄想してしまいます。感染経路は「濃厚接触」という表記。これも難しいですよね。程度の表現というのは捉え方次第なので、「感染者が吐いた息を吸っても大丈夫なのか?」等具体的なことは出てきません。

過剰反応かもしれませんが、それでもマスクを買い占めるのはわかります。明確な情報が出ない以上、身近なところで予防できるところはしておかないと…と考えるのはむしろ正常です。現在もなお増え続けている感染者の数を見ても、2002年末~2003年中ごろに猛威をふるったSARSと同レベル、もしくはそれ以上の被害も考えられます。当時は香港を中心に8000人強の感染者、37か国で774人の死者を出しました。

このコロナウィルスに対して特定の治療法が現在あるわけではないですが、既存の抗ウィルス剤を流用はできるとのことです。

この新型コロナウィルスについての詳細はまだ明らかになってはいませんが、アマガサヘビ(コブラの仲間)が感染源ではないかという論文が出ています。SARSの宿主はコウモリでしたが、アマガサヘビはコウモリを餌にすることがあるそうです。武漢市の海産物市場で蛇が売られていたことから、そうなのではないかという仮説が提出されています。

日本で考えれば、都道府県の一つ・もしくは二つの規模を完全に封鎖してしまう事態です。会えなくなっている家族達もいるでしょうし、早急に事態が収束することを願っています。

RESTAR’s logは下記のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

    
Author:WEB管理者 

 

WEBサイト制作の現場でWEBディレクター、WEBデザイナー、コピーライターとして主に活動してきました。
現在はドラクエウォークでダイエット中です。

Microsoft社によるCO2排出量回収

Googleの時価総額1兆ドル超えが発表されましたが、GAFAは今後もトップシェアを誇っていきそうです。現在では、WEB上における世界規模の自治体のような存在となっています。

そんな中、マイクロソフトが2050年までに創業以来排出した全CO2の回収をすると発表しました。オーストラリアで今なお続く大規模森林火災のような異常気象を憂いて、まずは自社がまいた種を回収するという主旨のようです。

具体的にはCO2削減を目的とした技術に対して10億ドルの投資をするということですが、一企業が約1100億円ものお金を環境に投資するというのは例がないのではないでしょうか。お金で解決できるかどうかはわかりませんが、企業としての意思を感じます。

世界的にも避難を浴びている日本の環境対策は、さすがにそろそろ明確な行動の指針を出さなければならないのではないかと思います。

ただし、以前も書きましたが、環境は経済とセットです。有識者による議論を活発にしていただきたいところです。

それにしても、海外IT大手企業から出てくる発想が旧来の日本とは違う印象を受けます。バランスを取ろうとしがちな日本の国民性では、こういった世界的に突出したIT系の企業はなかなか出てこないと思います。

アメリカではエリートほど大学卒業後に起業すると言います。日本では起業する訓練を受けていても堅実に『就職をする』という風習です。これは『どちらを選ぶか』に対しての国民性というだけでなく、起業時のリスクの違いが大きいです。アメリカでは卒業時にエンジェル投資家からお金を調達し、ダメだったとしても返済義務がないケースが多いそうです。やるだけやってみるということが風潮としてやりやすいわけですね。

逆に日本では『新卒』というのが一つのブランドとなっていて、大学卒業と同時に起業というのはかなりのリスクを伴います。さらに、事業に失敗した後の人生というのもアメリカの非ではないくらい大変ですから、チャレンジそのものが難しいと言えます。

しかし、日本の良いところも多々あり、アメリカほどの貧富の差はありません。医療保険がまさに代表的で、オバマ大統領時代に貧困層でも医療費は国が負担するとしていたものを、トランプ大統領によってすぐに見直しがされました。日本はこういった部分で非常に温かい国だと思います。

環境にしても経済にしても、日本という国の良さを生かした新時代の文化を出していきたいところですね。

RESTAR’s logは下記のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

    
Author:WEB管理者 

 

WEBサイト制作の現場でWEBディレクター、WEBデザイナー、コピーライターとして主に活動してきました。
現在はドラクエウォークでダイエット中です。

老後に働く?

2019年中旬、世間を騒がせた『年金2000万円不足問題』に端を発した老後資金問題ですが、現在でも全く熱は冷めていないようです。

今後も少子高齢化が進んでいくことは明白な為、年金構造自体が非常に危ういことは周知の通り。『年金2000万円不足問題』は当時のタイムリーな話題というわけではなく、日本の行く末を案じるきっかけだったと思います。

高齢者が増えることで、日本では60代の働き手を増やす考え方が進んできています。現在では65歳で定年を迎え、その後シルバー職員として契約社員等で働くというのが多数はとなりつつあります。これを法律化しようという動きがあり、『70歳定年法』を導入すべく通常国会へ提出されるそうです。

冒頭で書きました『年金2000万円不足問題』がクローズアップされた頃に中間報告として70歳定年法は明記されていて、早ければ2021年4月から実施されます。私達ももっと長く働く必要が出てくるわけです。

なお、企業は『定年廃止』『定年延長』『継続雇用制度導入』のうちどれかで処遇する義務が生じます。実行しない場合、行政指導を経て、最終的には社名が公表されるそうです。日本という国の在り方がまさに変化している時と言えますね。

年金制度が崩壊しつつあるのであれば、生きていくには確かに働かないといけないのでしょう。これが実施されると、次はシルバー社員が生き生きと働くことができる環境についての議論が出てきそうな気がします。当然体は若い頃に比べれば動かないでしょうし、認知症に代表されるような高齢者疾患も目立ってくることが予想されます。

こうなってくると、バリバリの働き手の頃の昇給率は下がる気がします。今までは65歳までにもらえることができていた昇給分が新しく伸びた分に回されるのではないでしょうか。

次に能力値の問題として、30~40代の働き手と比べて60代の働き手が太刀打ちできる場面がどれくらいあるのか疑問です。自分もいつかは同年代となる65歳前後の状態で、戦力になれる環境というのは限りが出てくると思います。

なんせ母数が多いですから、マクロで見ると働く場所を自力で用意できない人が多いのではないかと懸念しています。年金は入らない、働き口はないということになると恐ろしいですね。逆に言えば、そこをクリアすればビジネスチャンスがあるとも言えるので、シルバー専門の派遣会社なんて需要が出来るのかもしれません。

現在外国籍のスタッフだらけのコンビニは、数年後には65歳前後のスタッフだらけというのは多いにありえます。高齢化社会の労働力循環というのは、この2~3年で大きく変わっていきそうです。

RESTAR’s logは下記のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

    
Author:WEB管理者 

 

WEBサイト制作の現場でWEBディレクター、WEBデザイナー、コピーライターとして主に活動してきました。
現在はドラクエウォークでダイエット中です。