事務所移転のお知らせ

平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

この度下記住所へ移転することになりました。
これからもご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

■引っ越し先のご案内
【住所】〒812-0011  福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目19-14ビーエスビル博多3F
電話番号、FAX番号の変更はありません。

五輪

久しぶりに朝更新してみます。普段は夕方あたりの作業の隙間で書いていましたが、ちょっとネガティブニュースが多いので、頭が冴えてる午前が最適です。

私は、一日の生活習慣の中で1時間強くらいテレビのニュースを見る時間があります。その内訳の8割くらいはコロナウィルス、もしくはそれに関連した五輪のことです。別に選んでコロナウィルスのニュースを見ているわけではないのですが、チャンネルをザッピングしても結局内容は同じなのです。

今回は、その五輪に関してちょっと書いてみたいと思います。注目すべきは通常開催するのか延期するのかという点についてです。

五輪開催まであと5か月を切っている中、開催国やIOCがどれだけ予定通り開催することを強調しても、各国の事情というものは別にあるものです。先日、総理が「完全な形で開催することで一致しました」とG7首脳との電話会談結果を国民に発表していました。

「完全な形」という表現は捉え方が難しいですね。現在通常通りの開催を進めているわけですから、日程等の変更がない形をそれと捉えているのかもしれません。

個人的には一年延期して、予定通り全ての国が参加できる形が「完全な形」かなと考えています。全競技のうち、約半分の出場選手が決まっていない現状もありますし、その選考競技がなかなか開催できない点も大きな問題点です。

いっそのこと、今から一週間以内に五輪開催を一年延期しますと発表した場合はどうなるでしょうか。

まだ開催まで期間がある分、ホテルや飛行機のキャンセルが比較的円滑です。大事なことは「決定後に時間を用意すること」だと私は思いますので、突発的に大量キャンセルの恐れがあるまま迎えるインバウンド事業の方々には妥協点とならないでしょうか。

当然、キャンセルせずに全て予定通り行われることが、経済的には好ましいとは思います。コロナウィルス騒動が落ち着いて、全競技の準備も間に合って、「なんとかなったね!」と大団円で五輪の閉会式を迎えることができれば最高です。非常に可能性の低い展開となりつつありますが。

そうなると気になるのは他国の対応です。日本単体での決定のみで開催出来るものではない為、他国大勢を味方につけた対応ができるようであれば現在進行形なのも頷けます。現在進行形ならば他国首脳陣との歩調が乱れないかが一番の鍵のはずです。

病気で圧迫なのか、経済で圧迫なのか。両方とも大きな問題だと考えます。どう選んでも立場によって反対意見はそれなりにある現状です。

私としては今月中には半年~一年延期することで、逆に伸びた五輪特需を拡大するという展開がよいのではないかと思うのですが。開催が延期することでダメージは計り知れないほど大きいですが、攻めの姿勢を取れる部分もあるはずです。

■一つは野球やサッカーといった五輪中断期間を設けていた日本のプロリーグが、比較的正常な日程で運営できること。

■次に五輪という拡販の目玉が一年延期されることで、少し落ち着いてきたらインバウンド需要が活発化する可能性があること。

今回、コロナウィルスによる売り上げ低下を証明できる中小企業に対して国が助成金を出しています。当然ですが、これらは税金です。赤字大国日本が復調する為の象徴はやはり必要だと思いますから、「段取りを組む」という点でも延期した五輪に向かって頑張るというのが良いと思うのですが。

パンデミックというより、日本がキャパオーバーしているような気がします。国難を乗り切る為に一番大事なのは、乗り切る為のプランを国民で共有することだと私は思います。

RESTAR’s logは下記のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

    
Author:WEB管理者 

 

WEBサイト制作の現場でWEBディレクター、WEBデザイナー、コピーライターとして主に活動してきました。

子どもと接する難しさ

様々な自粛が叫ばれている中、佐賀県の県立学校が16日から再開する方針であると発表しました。取りやめとなるニュースが多い中、再開のニュースはちょっと新鮮です。再開する理由として述べられているもので、「 自宅待機の長期化に伴う子どもの心身への影響を考慮した 」というのは個人的によく理解できます。

私にも小学生の子どもがいるのですが、突発的に長期休暇となったこともあり、生産性の低い日々を送っているように見えます。毎日朝から宿題をやり、その後はずっとゲームかTV。通常の学校の時間にプラスアルファで宿題や塾といった形なのに、宿題だけをやっていてもただの長期休暇です。

かといって友達と遊べるわけでもなく、親と一緒に居られる時間も限られているわけでして。NHKのニュースでとあるお父さんが言ってました。「いつまでも遊んでいるから、つい文句を言ってしまう」と。非常によくわかります。

感受性豊かな子ども世代が、誰とも合わずに、一歩も外出せずに一日を終えていく。朝と夜だけ家族に会える。これは確かに健康的とは言えません。

感染症予防というのは本当に大事だと思いますが、「子育て」という部分で限界気味に感じている家族もいらっしゃるとは思うのです。これは体感している人とそうでない人で意見は大きく違うでしょうね。佐賀県の学校再開の様子は、全国の子育て世代に伝わる何かがあると感じています。

RESTAR’s logは下記のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

    
Author:WEB管理者 

 

WEBサイト制作の現場でWEBディレクター、WEBデザイナー、コピーライターとして主に活動してきました。

マラソン代表内定

東京マラソンの大迫選手に続き、一山選手も素晴らしい走りをして東京五輪出場枠の座を勝ち取りました。最近のどんよりとしたニュースの中で、久しぶりにキラリと光った明るい話題だったと思います。

厚底シューズという新武器はあれど、17年振りに日本記録を更新したというのは非常に素晴らしいですね。大迫選手の記録は世界歴代のマラソン記録の中で84位(3/9現在)ですが、一山選手の記録は43位(3/9現在)となっています。女子の場合はちょっと特殊な事情がありまして、「女子のみで走る」場合と「男子と共に走る」場合でタイムが違うのです。後者の方が早いタイムが出ることが多いので、野口みずきさんがベルリンで出した2時間19分12秒(3/9現在で歴代17位)の記録を抜くことも考えられます。

心のインフラ

色んなものが自粛される中、東京マラソン等の開催については様々な意見があったようです。一般参加を中止にはしたものの、東京マラソンでは沿道に9万人かけつけたとか。自粛の中なにをやってるんだとお怒りの声もあるのはわかるのですが、あまりに自粛ムードばかりになると逆に行きたくなるのかもしれません。

スポーツには心を豊かにする心のインフラとしての役割があるのだと思います。NPBの開幕延期、Jリーグの再開の再延期が決まりそうな中、やはり必要なのだと再認識しました。※NPBは開幕延期を発表しました。

感染症に対してのニュース

それにしてもコロナウィルスによる騒動は長いですね。まだまだ終わりが見えないのがつらいところです。ブログの更新に関してもコロナウィルス関連ばかりにならないようにと考えていますが、ニュースを見ると話題がこればかりでして。最近はコロナウィルス関連のニュースがあっているとチャンネルを変えるなりしています。この内容をずっと聞くのがアレルギー気味なのかもしれません。

ちょっとだけ話が変わりますが、先日、電車内で咳が止まらない方がいらっしゃいました。満員電車の中、3~4割の方が咳をしている人を見たり、ちょっと横に離れていこうとしたりしていたのを私は見たのですが、なんだかとても寂しい気持ちでした。離れていく人を非難する気もありませんし、予防の観点からすれば正しい行為かもしれません。ただ、そんな今がとても悲しいと思う次第です。

RESTAR’s logは下記のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

    
Author:WEB管理者 

 

WEBサイト制作の現場でWEBディレクター、WEBデザイナー、コピーライターとして主に活動してきました。

3月になりました

あっという間に今年も3月に突入した感覚です。

世界的にも『点』であった新型肺炎が、徐々に『面』になってきています。あまりにこの話題がニュースでもこのブログでも続きすぎるとは思うのですが、それが精神を蝕んでいるということなのでしょう。この話題が続きすぎるのもあんまりかと思い、少し日を空けてみました。しかし、まだまだ落ち着く気配はありませんね。

消耗品がお店にない

かなり困っています。ニュースでは「紙類などの消耗品が枯渇するというデマによって買い占められた」とありましたけど、それはかなりズレていると個人的に思います。

大多数の人は「無いから買う」のです。買い占められて無くなったら困るから、早めに・もしくは多めに買うのです。スタートはそういった枯渇への不安だったかもしれませんが、現在並んでいる人はそんな感じだと思います。

私は花粉症持ちなのですが、本当にマスクとティッシュは困っています。朝開店前に並びもしましたが買えませんでした。唯一購入できたウェットティッシュでやり過ごします。

各種スポーツの自粛

サッカー、野球、相撲等、色んなスポーツが延期したり無観客で試合をしたりしています。しかし、これらも限度はありますから、現在発表されている期間以上の延期等は現実的ではないでしょう。それこそ経営規模の小さいクラブチームは存続の危機を迎えます。年間計算では成立するとしても、日銭が足りない事態というのはあるわけですし。

日曜は東京マラソンが行われました。開催されたことに関しての意見がある方は多々おられるようですし、沿道に応援にかけつけた方に対しての意見もあるとは思います。しかし、選手の気迫の走りは実にまぶしかったです。自粛ムードを吹き飛ばすようなメンタルのインフラだったんだと、個人的には感じています。

ONE TEAM

去年も災害で凄く大変な一年だったわけで、そんな中にラグビーが活躍して『ONE TEAM』で日本が一つになったと思うのです。「五輪は絶対延期させない、日本でやる」という関係者の強い意志のようなものを感じますが、それはそれでいいのかもしれません。ここは賛否ありそうですけどね。

RESTAR’s logは下記のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

    
Author:WEB管理者 

 

WEBサイト制作の現場でWEBディレクター、WEBデザイナー、コピーライターとして主に活動してきました。

マネクリ開催中止のお知らせ

現在予定しておりました3月25日開催のマネクリについて、新型コロナウィルス感染予防の為、中止することを決定致しました。 参加を予定されていた方には大変申し訳ありませんが、 何卒ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。

なお、開催を再開する際はホームページにてご連絡を致します。お問い合わせにつきましても、下記ホームページより承っております。

マネクリ

「マネクリ」特設サイト

コロナウィルスの現在3

ついに福岡でも発覚しましたコロナウィルス。

そもそもとして、福岡に限らず感染者は把握している以外にも大量に国内にいるのだと私は思っています。だから最近は感染者数に関してテレビ等で発表されていてもあまり気にならなくなりました。一応、現在の発表は中国で現在7万人台の感染者、日本で94人(ダイヤモンドプリンセスを除く)だそうです。

私が感じる違和感は『感染者』という表記にあるような気がしています。『感染者』というより、『感染を把握している数』なはずです。

例えば中国では2週間隔離されて経過観察された方が、隔離解除の6日後に発症しています。潜伏期間がこれだけ長いケースもあるわけで、12月~1月に日本にやってきた感染源近くに住む方がどれだけいるかという話になると思うのです。完全に把握するというのは、逆に無理な話ではないでしょうか。

このブログでも過去2回取り上げましたが、『濃厚接触』という言葉の受け取り方がやはり難しいですね。毎日の満員電車はおそらくアウトでしょうし、コンビニのお釣りの受け渡しも『濃厚接触』にあたりそうです。

つまり、現在すでに国内に一定数広まっているとすれば、ここから拡大を防ぐのは無理と思われます。本当に現在把握している人数のみが感染者なのであれば杞憂に終わりますし、その方が良いのですが。

なお、昨日は七隈線で『マスクをしていないまま咳をしている』という理由で地下鉄の停車ボタンを押したお客さんがいたようです。いたるところでニュースになっていました。これは国民が『見えないウィルス』に過敏になっていることを如実に表した出来事だと思います。

本日からJリーグが開幕しますが、こういったウィルスのせいで楽しみにしていた方々が自粛を求められたりしないか心配です。さらに長引けば五輪にも影響が出るかもしれません。早めに収束してくれればいいのですが、収束する兆しはまだ見えません。

現在の状況はこちら

予防でマスクと手洗いといいますが、「仮に自分が感染していた」と仮定した場合の感染拡大予防として、毎日体温計で体温を測ると良いかもしれませんね。微熱程度なら頑張って仕事に行く方が日本には多いと思いますが、そこを思いとどまって病院に行って調べてもらうことで、感染拡大は若干減るかもしれません。

RESTAR’s logは下記のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

    
Author:WEB管理者 

 

WEBサイト制作の現場でWEBディレクター、WEBデザイナー、コピーライターとして主に活動してきました。

福岡西エリア~糸島

成長著しい福岡市については、天神ビッグバンや博多コネクティッド、香椎副都心計画といったテーマに沿った内容で書いてまいりました。

今回は福岡市西エリア~糸島にかけてを特集したいと思います。

糸島というと福岡市から車で一時間かからずに行くことができるリゾートといった印象を持たれている方が多いのではないでしょうか。もしくは2017年全国売上ランキング1位だったJA直売所『伊都菜彩』のように、農業・酪農といったイメージも強いかもしれません。

そんな福岡西エリアが変化していくことになったきっかけは『九州大学の移転』です。旧糸島郡(現在の福岡市西区)の地域がどんどん再開発され、地価も上昇していきました。

今宿~周船寺の間に新しく『九大学研都市』駅が作られ、JR筑肥線の利用客数が1番多い駅となりました。駅出口すぐにまるで駅ビルの様にイオンがあります。近辺の街並みは一新されていき、九大までの一本道も作られました。

やはり九大ブランドは大きく、現在ではマンションが多数立ち並んでいます。学生用マンションも多々ありますが、街並みが新しいこともあって家族向けマンションも多いです。相当数建っていますが、どこも満室で入れないくらい人気だそうです。

このエリアは元々、二見ケ浦や芥屋海岸といった海がまず人気ですし、二見ヶ浦の海岸沿いに並ぶリゾート感満載の食事処はいつ行っても満席の印象です。そういったリゾートの近いということも、福岡西エリアに住む人が増えた要因の一つかもしれません。

去年は『糸島高校前駅』が開業し、近年戸建てが多く建ってきている波多江方面のアクセスがフォローされました。JR筑肥線は地下鉄福岡空港駅まで乗り換えなしで行けますので、電車の本数的にも『筑前前原駅』よりも東側エリアであれば利便性は良いと思います。※福岡市営地下鉄を走っている電車本数のうち1/3~半分くらいがJR筑肥線です。特に通勤の時間は半数くらいを占めています。

順調に開発が進んでいますし、人口も緩やかに増加傾向にある福岡西エリア~糸島。住みやすい街であることは間違いありません。しかし、ちょっと弱点もありますので触れておきます。

弱点1.陸の孤島となりがち

JR筑肥線の駅で言いますと、『姪浜』から次の駅『下山門』までは歩いて行くことはある意味可能です。夜でも街が比較的明るく、距離もそこまでありません。福岡市市営地下鉄の駅だとそんな感じですから、その延長といった印象です。

しかし、下山門の次である今宿まで行くとなると一気に事情が変わります。電車の場合は乗車時間が約4分。途中松林やちょっとしたトンネルを抜けることになります。トンネルは電車専用なので、徒歩だと海沿いを大回りしたう回路となってしまい、非常に遠く感じるようになります。

徒歩や車の場合は海沿いの旧202号線か202号線の2択。車であればたいしたことはありませんが、夜の徒歩はどちらを通っても相当真っ暗です。旧202号線は松林と海の長い道を通り抜ける必要があり、202号線は歩道こそ広いですが真っ暗です。

電車が遅延するケースが多い

海沿いを走る電車なので、JR筑肥線が遅延することは非常に多いです。利用している方は頷いていただけると思いますが、筑肥線を利用するなら会社や学校に到着予定時刻をギリギリに設定してはいけません。

電車が通らないとなると、車か徒歩、バスとなります。そういった日の朝、202号線の渋滞がひどい時が多々あります。それこそ九大学研都市付近から福重まで通常なら10分~15分のところ、1時間かかっても福重までいけないことも珍しくありません。ここはちょっと緩和していってほしいところですが、西九州道が走っている上での渋滞ですから、しばらく難しいかもしれません。

なお、この記事を書いている今日、福岡では暴風雪警報が出ています。今朝は54分の電車遅れでしたが、夜は動いているのでしょうか…私自身、JR筑肥線を利用しだすようになり、天気予報を確認する機会が増えた気がします。

弱点2.夜の閉店が早い店が多い

これは弱点と捉えるかどうかは人によると思いますが、姪浜から東のエリアに比べて明らかに閉店が早い店(特に飲食店)が多いです。

福岡西エリア~糸島というのはB級グルメの人気店が多いのですが、18時30分~20時には閉まるお店が多いのです。フランチャイズ系のお店だとそうでもないのですが。

21時頃に家の近所の駅(JR筑肥線)に着く独身サラリーマンの方だと、外食で済まそうと考えている方には不便だと思います。逆に博多~天神といった職場近くで食事を済ませた後に帰るという習慣だと、駅まで一本なので便利です。

風情があるとも…

JR筑肥線は確かに風に弱いですが、海沿いを通る電車は珍しいのも確かです。毎朝出社する時に海を眺めながら電車に乗ることが出来るというのは魅力となっています。

現在は再開発がどんどん進んでいますので、旧202号線沿いにある店舗がかなり豪華になってきています。新駅であったりマンションが多く建ち並んだりするあたりは、千早方面の発展と似ている部分もありますね。

RESTAR’s logは下記のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

    
Author:WEB管理者 

 

WEBサイト制作の現場でWEBディレクター、WEBデザイナー、コピーライターとして主に活動してきました。
現在はドラクエウォークでダイエット中です。

起きて半畳寝て一畳

福岡ではそこまでないかなと思っていましたが、色々と新しい試みが行われているようです。

中洲の方に昨年夏にオープンしましたホテル「ザ・ライブリー」ですが、なんとホテルの中に別ブランドのカプセルホテルを運営しているというのです。

その名も「ザ・ミレニアルズ」3Fは共用スペースとカプセルホテルとなっていて、4F~10Fが通常のホテルとのことです。 宿泊のスタイルも多様化している今、一つの建物でカプセルホテルから家族連れまで広くカバーしているのは、実に現代的だと思います。

最新のホテルらしく、ルームキー代わりにiPodを渡されるとのことです。タッチパネルだとカチカチしない為、他の利用者の迷惑にならないというのが理由だそうです。考えられていますね。

目覚ましをセットすると、まずじんわりと明かりが点灯し、次にベッドがゆっくりと起き上がります。IoTの活用法として素晴らしいなと思う次第です。

「起きて半畳寝て一畳」

東京では、部屋の広さが三畳しかない1ルームマンションが人気だそうです。家に帰るのは寝るだけとか、食事は家ではしないといった方には良さそうですね。その分家賃はかなり抑えられます。収納が極端に少ないので、逆にきっぱりと物を買わない生活が出来るというのも良いのかもしれません。

私も20代前半の頃であれば、こういった生活の仕方もアリだったのかもしれないと思います。立地と家賃重視。それこそ「住めば都」

部屋に対して『寝る場所』以上のものを求めず、それ以外は部屋外で行うという形でしょうね。例えば学生が住む場合、勉強は学校・図書館・ファミレスなどで行い、自宅では勉強しないという習慣になるはずです。確かにそれで問題ないような気がします。

価値観の多様性だと思いますし、部屋が三畳から六畳になることで家賃が2万~3万上がることのどちらを取るかという選択肢ですよね。私だったら後者を取るんですけど、現代ではお金を持っているかどうかではなく、価値観で前者を選ぶ人も多数いるということです。

私は多少都心から離れてでも広い家が好きですけどね。

RESTAR’s logは下記のブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

    
Author:WEB管理者 

 

WEBサイト制作の現場でWEBディレクター、WEBデザイナー、コピーライターとして主に活動してきました。
現在はドラクエウォークでダイエット中です。